6月15日ラルムエトワールのレース結果

2019年6月15日、ノルマンディーオーナーズクラブで出資しているラルムエトワール!

本日、東京競馬第3レース3歳未勝利戦(ダート1400m)に藤田菜七子騎手で出走し、結果は12頭立ての12着最下位だった。

まず、今朝になり今週の出走馬の中に禁止薬物が検出されたサプリメントを摂取した馬の除外が大量にあり、運良くラルムエトワールは対象になって無くて出走出来た。

更に、このレースでは3頭がその為除外となって15頭から12頭立てと頭数も少なくなり、スリーアウトを回避出来るチャンスがグッと増えて楽しみな1戦となった。

それでは、レースを振り返りましょう!

馬体重はプラス8キロで、450キロ。

やっと、増えてくれたかって感じ。でも、まだまだ460キロ台までは増えて欲しいから物足りない。

パドックではチークピーシーズ着用もいつも通りだった。

マルタンのハミ使ってて舌は縛ってるかは分からず。でも、馬具を色々と工夫してくれてはいたね。

レースは、スタート出るもいつも通りにスッと流れには乗れずに番手を落とす競馬っぷり(笑)

最内ピッタリ回って4コーナーでは後方から数えた方が早い位置(笑)

そのまま直線向いても、なかなか追い出さず何してんだろう?って感じで見てて、400の標識からムチ入れてやっと追い出すも伸びず。

すぐに画面から消えて、残り200くらいで再び映るとまだ8着争いを演じてたが、再度ゴール板のところで映るとまさか最下位でゴールしてた(^^;)

距離なのか、残り200からまさか最下位になってるとはね(笑)

これで、地方交流の成績はスルーだった場合スリーアウト成立で2か月間の出走停止が確定!

内容的にも、8月後半のラスト1走の為に抹消せずに中央に居座り続けさせることはないだろうから、来週には登録抹消だろうね。

ただ、引っ張ること大好きなクラブだから、地方出戻りの可能性が90%と見てる。

しかし、これまでの内容的に出戻った所で余程パワーアップし馬体重も470キロ台くらいまで押し上げられない限り、1勝クラスじゃ用無し。

芝は未知数なだけに何とも言えないけど、今まで通りにダート使うのなら出戻らずに引退させて欲しい。


コメント投稿は締め切りました。