2月24日ソルパシオンのレース観戦&レース後コメント更新

2019年2月24日、ノルマンディーオーナーズクラブで出資しているソルパシオンのレースを観戦した!

本日、阪神競馬第3レース3歳未勝利戦(ダート1800メートル)に武豊騎手で出走し、結果は15頭立ての12着だったソルパシオン(T_T)

それでは、レースを振り返りましょう!ソルパシオン武豊 (1)初めての関西遠征だったけど、馬体重は前走時と変わらずの480キロ。

ソルパシオンは、馬体重に苦労することはなさそうだね!

パドックでは、チャカつくなど気合入ってる周回をしていた!ソルパシオン武豊 (2)ソルパシオン武豊 (3)ボーっとしてるよりは良いんだろうけど、チャカつく仕草はやっぱり心配にはなるね(^^;)

レース前の体力消耗を考えるとさ・・・・・

中舘調教師が武豊騎手を持ち上げてソルパシオンに跨らせ、そのまま離れずにしばらくは会話をしてて、あれは入念な打ち合わせ?だったのかな(笑)

返し馬は、武豊騎手がじっくりやってるのが窺えた!

スタートは伸びあがる感じで出たが、それでもすぐに前に取り付くことが出来て、先行ポジションでコーナーを曲がる事が出来た。

そのままのポジションでついて行けてて、砂を被っても平気だったのは収穫(^-^)

勝負所の3~4コーナーで、若干置かれ気味になりかけながらも食らいついて行ってたが・・・

直線では、もう武豊騎手は追うことはせずに腰を上げて流して終了(T_T)

12着でフィニッシュだったので、1アウトを獲得してしまった(笑)ソルパシオン武豊 (4)

騎乗した武豊騎手によると、「ダートは問題なかったが、4コーナーで手応えが怪しくなった。距離は1800よりは短い方が良い」とのこと。

ノルマンディーのコメントは実にシンプルだが、レース後に引き揚げてきた武豊騎手と中舘調教師とがしっかりと会話してたのは見てたから、きっと厩舎側にはもっと詳しい事が言われてると思っていいよ!

だから、今後どういうレース選択をしていくのかが楽しみ!

でも、次走は普通に地方交流目指せばいいとは思うけど(笑)


コメント投稿は締め切りました。