1月12日ラルムエトワールのレース結果

2019年1月12日、ノルマンディーオーナーズクラブで出資しているラルムエトワール!

本日、京都競馬第1レースの牝馬限定3歳未勝利戦(ダート1800m)に藤岡佑介騎手で出走し、結果は16頭立ての14着だった(>_<)

それでは、レースを振り返りましょう!

馬体重は、前走からマイナス2キロの450キロ。

パドックでは、時折チャカつくも外目をグイグイと歩いてて良い感じだった(^-^)

ただ、馬体は細いな~・・・最低でも460キロ台は無いとって感じで、今日減ってたし今後馬体重難が付きまとってしまうと困るなと(^^;)

レースは、スタートはちゃんと出てくれて押して押して前へ!

ハナを奪いたい感じだったが、外の2頭の方がスピードのノリも良く、押して押してハナを取りに行くラルムエトワールを尻目に馬なりで被されて、最初のコーナーでラルムは3番手で回ることに。

前走砂を被って嫌がったから、3番手でも外目に位置し道中は進んで行った。

特にマクリが飛んでくることも無く、そのままの流れで3コーナーへ。

まだ手応えが残ってそうだったが、4コーナーで他の馬に交わされて行きながらも持ったままで下がって行ってるから、その時点でもうスタミナ切れで終わったんだなと悟った(^^;)

だから、直線は後続にズルズルと交わされていくだけで、14着でフィニッシュ!

結果的には、1800mでは長かった!

とは言え、スタートしてからの逃げ争いで余裕で負けてたのも事実で、そうなると短距離でも苦しいと思わせるものだったから、頭が痛い(>_<)

スピード不足から1400よりは1600かなとも思うが、スタミナを考えると1400mだろうね。

それと、今年から未勝利馬にとって出来たスリーアウトで出走停止制!

ラルムエトワールは、今回の14着でまずは1アウトをゲットしてしまった(笑)

あと、2回アウトを重ねると出走停止処分を喰らうことになるので、次走は頭数が少ない所を選ぶか、時間かけて鍛えてから挑むか・・・

いや、今日のレース振りからも次走は地方交流戦に拘りそうだな(笑)

それでも、まずは馬体重460キロ台に乗せる様にパワーアップに努めてもらって、3月位から再始動になるかな?


コメント投稿は締め切りました。