バヌーシー飲み会でゼッケンプレゼント?

2018年8月18日に新潟競馬場で走ったアイワナシーユーのゼッケンが、私的飲み会でプレゼントの景品として出され、プレゼントされたというのがネットで話題になってるけど、それ誰がどう聞いてもあり得ないでしょ!

クラブ主催の公式なパーティーとかでのプレゼント大会で出されるのならまだいいよ!

そこで、結果的に出資者じゃない人でもゼッケン手にするのなら、まだ分からなくもない。

が、一会員が開く飲み会に野本代表始め関係者がこぞって参加し、尚且つ走ったゼッケンをプレゼントしちゃうのは完全にアウトーーー!

非公式の飲み会で、そういう優遇をするのであれば、「もう運営と一部の連中たちで勝手にやってなよ」って、みんな呆れて離れて行くでしょ(笑)

今更、代表を始め関係者をヨイショしまくっても手遅れだし、もうこの飲み会の常連達には敵わない訳で・・・

敵わないからと、あとはこの常連たちにすり寄っておこぼれ頂戴し美味しい汁を吸わせてもらうしか残されてない・・・

(でも、段々とバヌーシー連中にも派閥など起きてて、今回の件でも一部の幹事の飲み会が優遇されたと思い、それが面白くなくて妬み嫉みで派閥がひろがったりすると予想。七面鳥とねこがツイッターブロックで喧嘩別れしたみたいだし、そういうのがもっと拡がっていくと思われる。あれだけ、仲間が出来たとか謳ってる割に、バラバラになっていく姿、見てる方としては面白いからいいけど笑)

だけど、ツイッターとかのやり取り見てると気持ち悪いし、どこまでこの気持ち悪いやり取りに我慢して参加するかどうか(笑)

「日々代表に感謝、クラブに感謝、馬が走れば泣ける~、感動の共有、仲間が~などなど」こういう文言を、垂れ流して行かなきゃいけないからね(笑)

感動の共有なんて、どのクラブでも出来るし、クラブじゃなくてもPOGだろうが馬のファン、騎手のファンなどで感動の共有は出来る!

つまり、バヌーシーの言う感動の共有なんて、お金出さなくても誰でも簡単に出来るし、そこを売りにしてるのなんて意味が無い!!

熱心な会員たちが、それをさもバヌーシーだけが感動出来るとか言い放ってるけど、いい加減無理があるって事気付きなよ(笑)

で、更に一部の会員たちに優遇し、他の会員には何も与えず、こんなクラブにあと何のウリが残ってるの?

馬名もほとんどつけさせてもらえず、写真も有料、ゼッケンも出資者にプレゼントがあるわけではないみたいだし。

なぜ、ハズレ馬券ばら撒くよりもゼッケンを出資者限定でプレゼント抽選にしようって気が無いのか不思議でたまらない!

同じお金出して、差別されてりゃやってられないっしょ(笑)

せいぜい、一会員のやる飲み会に出していいのは、「情報のみ」で、それ以外は出すべきではないってのが普通に分からないのかね?

で、今後ますます会員としての地位、優遇されるのを求め、代表の心を掴む為の争奪戦、ゴマすりヨイショ祭りが始まり会員同士での足の引っ張り合いが始まるのであった(笑)


コメント投稿は締め切りました。