はい、最悪!

2018年7月9日10日に行われる、セレクトセール2018に欲しかった馬が上場される・・・

そう、アリンナの弟で、父オルフェーヴル母ヴンダーゾンネ2018だ!

母系には「フォーティナイナー」の血も入ってて、来年募集されれば40口でない限り出資する予定だったのに、やってくれたね・・・マジで!( `ー´)

まずこの配合なら買い手はつくだろうし、主取りは期待出来ない・・あとは、病欠とかにならない限りはクラブに回ってくる可能性はゼロだ・・・

今年は、ノルマンディーの岡田スタッド産で欲しい馬はいないから出資を見送って、来年のこの馬に期待してたのに・・・

ハァ~・・・テンション下がる。

というより、こういう目玉の馬を募集しなかったり、ディープ産駒すら募集しないって何考えてんだろうね???

高いと売れないから、最初から除外?

高くても買いたいと思う馬なら、普通に売れると思うけどね?

スマートレイアーの下で、ディープ産駒だとかなら牝馬で4000万円募集でも満口になったと思うしさ。

ヴンダーゾンネ2018だけでなく、今年のニュージーランドトロフィーの勝ち馬カツジの全妹メリッサ2018もセレクトセールに出してるし。

こういうのを募集してさ、クラブを盛り上げたりしたいと思わ無いのかな?

きっと、クラブに目玉なんて必要ないって考えなんだろうね。

さてさて、これで来年募集で欲しい馬がいなくなっちゃったし、どうしましょーかね?