5月6日アリンナのレース後コメント更新

2018年5月6日、ノルマンディーオーナーズクラブで出資しているアリンナのレース後コメントが更新された!

更新された岩崎騎手のコメントは、「ハナに拘ったレースをしようと思ったが、外の速い馬に被せられると怯んでしまった。ブレーキが掛かる走りになって、最内枠が仇となった。最後まで走りがバラバラだったし、オープンの壁は厚く今後の成長が待たれる」とのこと。

コメントから、馬込みがダメということが分かった事は収穫!

現状、オープンでは家賃が高いってのも明らか。

ただ、1つだけコメントから「えっ?」ってのがあって、言わせて欲しい・・・

ハナに拘わりたかったとの事だが、ウソでしょ!?って言いたい(笑)

スタートから、全くハナを切ろうって気が無かった様に見えたんだけど・・・

スタートからの一連の流れから、「うんうん、今日も番手で競馬してどれだけやれるか」って言う風にレースを見てたのに、まさか逃げたかったとかそう言われちゃうと「えっ!?」ってなっちゃう(^^;)

スタートしてから、促したり押して押しても無かったし、あれで逃げる気でいただなんてビックリだよ!!

「馬なり」で歴戦の相手にハナ切れると思ってたんなら、ある意味アリンナのスピードを買いかぶり過ぎだよと言ってあげたいわ(笑)

ほんと、逃げる気でいたならば、CBC賞と違って主張すればハナ取れてたのは間違いない。

怯んだというのは、あくまでも控えてテイエムがアリンナの前に入ってからだし。

別に自分は何が何でも逃げろと思ってたわけじゃないし、今日も番手からの競馬で揉まれたりで経験値を積むようにと思ってたから、逃げなかったことに対して怒りなんて全くないし、今日の競馬にも怒りは無い!

ただ、逃げる気でいたなら、何で主張しなかったのか謎行動に一言言いたかっただけ~(笑)

まっ、控えたお蔭で「馬込みがダメ」って事がハッキリしたし、次からはハナを主張していくだろう!

オープンで逃げれるかは別として、戦法は決まったと思う(^-^)

降級すれば、馬なりでもハナは取れるだろうし、逃げる競馬はしやすいと思う。

とりあえず、予定通り新潟行くのか安土城ステークスに変えるのか・・・降級まで待つのか・・・

降級まで待つのなら6~7月の阪神中京はパスして、最高の舞台設定になる夏の小倉でエンジン全開と行きましょう!

何にせよ、最大の課題は成長させること!

それにしても、マツリダゴッホ産駒は、絶望的に成長力無くて萎える(^^;)

ぶっちゃけ、もう来年春には転厩なんだし、降級するタイミングで転厩させて、新しい厩舎のやり方で成長することに賭けてみてもいいんじゃないかと思うよ!