惜しかったね

2016年11月13日、東京6レースの新馬戦でデビューしたノルマンディー オーナーズクラブの高額牝馬ブランメジェール!

注目の結果は、僅差の3着! いや~、惜しい(>_<)

レースを見た感想は、やはりメンコを付けるなどしてるし総じてうるさめの印象で、スタートはヨレて出たのか鞍上の大野騎手がバランスを崩してた。

スタート後の加速も良かったし、2・3番手でも取るのかな?って見てたら、外からコロンコロンカフェが前を取りに来たので、ブランメジェールは譲る形で控えるのを選択。

コロンコロンカフェを前に入れた後、皆がガクッと押さえにかかってブランメジェールも周りに合わせる形で押さえ、位置取りが先行集団の直後まで下がって競馬をすることになった。

4コーナーから直線に向く所では、ブランメジェールが「早く走らせろ~」ってな感じでウズウズしてたのが印象的(笑)

で、その最後の直線では前がズラーっと壁!!

何とか外に持ち出せないかと狙ってはいたが、結局開かずに内に進路を切り替える事に・・・

内に入って行く加速力とか見たら、まだまだ余裕あり過ぎでこりゃ勝っちゃうなと思わせるほどだった。

でも、残り200の手前でも前が開くのを待つ場面もあったが、開いてからの加速力はちょっと不満が・・・

それに、外から2着馬のトリリオネアが来た時に、大野騎手が右ムチ打とうとして右手綱を落としてしまい右手綱を取り直すなど慌てた一面が見られるなどして、あんなに慌てるなんて内心負ける事が許されないプレッシャーがあったんやなと(;´∀`)

で、結局脚色も勝ち馬と同じような感じで僅差の3着に負けた。

 

初戦としては、勝てなかったけど上位に来れたし、出資者の人にとっては安心出来たとは思う。

今日の感じだと、芝なら1200の方が合ってると思うし、ダートに関しては走ってみなきゃ分かんないかな?

ただ、気性がね・・・1回競馬を経験したことでスイッチが入り、もっと煩くなるなどテンションがどうなるのかが心配事だよね。

そこら辺は、厩舎の腕の見せ所やね(・ω・)ノ