2月28日ブラックヘルトのレース結果

2018年2月28日、ノルマンディーオーナーズクラブで出資しているブラックヘルト。

本日、園田競馬の第7レースC1クラスダート1700メートルに吉村智洋騎手で出走し、結果は7頭立てで2着!

レースを振り返るとしましょう!

パドックでは、前2回に比べて落ち着いて歩いてて、本来のブラックヘルトになってきたのかな?と思いつつも、チャカつきが無い事にちょっと不安を覚えるパドックだった。

レースは、ゲートが開く直前に鞍上のオレンジ帽が前に動いてからゲートが開いたので、開く前にゲートに突進しやがったなと思った(^^;)

そのせいか、出遅れては無いんだが他の馬に比べてゲートの出が悪く、押しながらハナを奪いに行くも、ハナを取りきるまでに時間が掛かった。

そして、ハナを取ってからすぐさまガッツリ抑え込む。

終始、ブラックヘルトに行くな行くなとガッツリ抑え込み、引き付けながらの逃げとなった。

一騎打ち相手の1番ミスターロマンスは虎視眈々とブラックヘルトを見ながらの3番手でレースを進め、勝負の3コーナー。

先にミスターロマンスが仕掛けてからブラックヘルトも合わせて勝負開始!

4コーナー回ってもブラックヘルト優勢ながらも、直線半ばでミスターロマンスに捉えられ2着でゴール板を駆け抜けた。

まぁ、地方競馬でも簡単には勝たせてもらえないなと(笑)

それに、今日はゲートから道中からと色々スムーズに行かなかったこともあったしね。

スタート悪かったから、馬なりでレースを進めてたら、また結果も違ってたかもしれないけども・・・

しかし、今日のレースもそうだけど直線でギアが上がらないとキツイわなぁ~

もう1段グッとギアが上がれば、今日も凌ぎ切れてたはずだし、今後の課題として中央に戻るとなると必ず必須となるギアチェンジ!

これを鍛え上げるには、坂路で鍛えるしかないのかな?

だから、中央に戻ってくる際には栗東に転厩させて欲しいね!!