2月10日アリンナのレース観戦&レース後コメント更新

2019年2月10日、ノルマンディーオーナーズクラブで出資しているアリンナのレースを観戦した!

本日、小倉競馬第12レース帆柱山特別(芝1200m)に鮫島克駿騎手で出走し、結果は18頭立ての3着!!

それでは、レースを振り返りましょう!

アリンナ帆柱山特別 (1)

馬体重は、増減なしの434キロ。転厩してから減らなくなって安定してるね!

パドックでは、入場当初はチャカつきが見られたが、すぐに落ち着いて歩けるようになった。アリンナ帆柱山特別 (2)発汗も無く、終始落ち着いて歩けてるのは良かった。

パドックで騎手は跨らなかったが、他の馬に騎手が跨るとアリンナも雰囲気を察知して小走りになるなどスイッチが入った感じ!

アリンナ帆柱山特別 (3)返し馬は、そのまま待機所には向かわずに、スタンド前を速歩で歩かせてからの返し馬。

こういう事も出来るのかと、成長した姿に感心感心(T_T)

レースは、スタートしてから前にいない・・・

むしろどんどん下がって行って、あれあれ?って感じ。

道中も、中団ではなくて後方寄りにいて、ボロ負けを覚悟・・・

しかし、4コーナー出口から直線に向く時が良い感じで、大外から伸びてきててビックリ!

何とか差し切ってくれーって願ってたが、さすがに18頭立てで大外一気は厳しくて2馬身差の3着でフィニッシュ!

アリンナ帆柱山特別 (4)泥だらけになりながらも、良く走った!

レース後、アリンナ越しのシュエットヌーベル写り込み(笑)アリンナ帆柱山特別 (5)これで、次走の優先権も取れたし、小倉でもう1走出来るね!

それに、自分が言い続けてた様に小倉も合ってて安心したよ(^-^)

次走、有終の美を飾って繁殖に上がれればいいな~(笑)

これでも、まだ次走で引退して今春に繁殖上がりをして欲しい(^^;)

 

では、レースに騎乗した鮫島克駿騎手によると、「事前に脚を使えそうなイメージを持ってたから、この枠順になった時から控える競馬をと思っていた。力まずにうまく息を入れながら走れていたし、次につながる良い競馬が出来た。今日のような競馬を今後も続けて行ければ良いと思う」とのこと。

そうか、意識的に下げたうえでの競馬だったのね!

ここに来て、脚質転換・・・それもいきなり結果を出したし、ナイス騎乗だったと褒めたいね!!

これにより、競馬にも幅が広がり、枠順によって前でも後ろからでも競馬が出来ちゃう。

何より、転厩によって馬が変わったのが大きいと思う。

美浦の水が合うのか、厩務員さんとの相性がいいのか、転厩がうまくいったね(^-^)

しかし、それでも今春の繁殖入りはまだして欲しいとは思うが、来年の春まで現役続けるのなら、今日は本当に楽しみが広がる良い競馬だった!!