DMMの一口クラブについて考えてみた①

新しく出来る一口馬主クラブの「DMMドリームクラブ・DMMバヌーシー」について考えてみた!

新たに東スポwebで追加情報が出てたけど、

1、「6歳末で引退」を想定してのモロモロ込みでの募集価格を決定。

2、「6歳末より早く引退すれば維持費は返金」

3、「逆に予定より長く、7歳以降も走らせた場合は獲得した賞金等を維持費に充てる」

4、「命名権もある」とのことで、名付け親になれるチャンスはある。

5、「騎手選定は出資者の意見を取り入れる」とのことで、誰を乗せるか意見は聞いてもらえるみたい。

以上、東スポ情報で分かったこと。

口取りに関しては無かったけど、あればいいなぁ~

騎手決めるのは、揉めそう(笑)単純に全騎手の中からの投票形式かな?

デイリーの情報では、

1、ジェンティルドンナの全妹ドナブリーニ2017は来年1月に募集開始予定。1口4万円台になる。

2、馬名は会員投票で決める。

と、こんな感じで東スポ以外の情報をピックアップ!

では、情報を元に簡単にだがお金の計算してみよう!!

厩舎に預託した場合の月預託料(維持費)は、大体平均60万円と言われている。有名厩舎ならそれより高くて70万~80万くらいだし、逆に60万円よりも安い厩舎もある。

募集は1万口なので、平均60万円の預託料で計算してみると・・・60万円÷1万口=1口60円(笑)

1ヶ月厩舎に丸々置いてもらうと1口60円になり、1年間丸々厩舎で過ごしたとすれば60円×12ヶ月=720円

2歳の1月から募集されたとして、そこから6歳末で引退するとして、5年間維持費がかかる。

その維持費を厩舎の預託料で計算すると、1年間で720円だから×5年で=3600円

つまり、維持費は5年間で1口3600円なのだ!

高い預託料の80万円で計算しても、5年間で4800円!

でも、これはあくまでも厩舎にずっと置いてもらった場合で、実際は外厩の育成牧場やらにいる事の方が多い可能性だってあるのだから、実際はもっと安く済む!

例え、外厩の育成代・輸送費・治療費・保険代などがあろうとも。

MAXで維持費は1口4800円なのだから、馬代金から4800円引いた値段でどれだけ上乗せされたか分かるね。

例えばドナブリーニ2017だと4万円台を予定しているって書いているから、セリ価格税込みで3億9960万円。これを1万口で割ると1口3万9960円になる。

1歳で募集されるってことは、1歳から維持費は発生すると思われるので、1歳から6歳末引退計算で6年間の維持費の5760円を足すと、計4万5720円になる。

これに近ければ、良心的?(笑)

他に会費については書かれてなかったけど、馬代金とは別に会費が存在するのかどうか気になる。

気になると言えば、引退する時期の基本が6歳末は良いけど、6歳末で引退した場合でもちゃんと多く取った維持費は返ってくるのかどうか?

それに、7歳以降でも走らせても、賞金から引かなくても十分馬代金から維持費は出ると思うけどそこんとこはどうなんだろう?

あと、賞金のどれくらいを配当してくれるのかもまだ不明だし、7歳以降も走らせると維持費は今までの獲得賞金から引かれるってあるから、コレはコレで引退清算が終わるまでは獲得した賞金等は振り込まれないって事かな?

つまり、一括前払いで1度払えば引退するまではお金は取られない代わりに、引退するまで賞金等も振り込まれないってパターンかな?(^^;)

1口だと微々たるものだから、まぁ引退時に一括清算で振り込まれるパターンでもいいっちゃいいだろうけど、その辺もどうなってるのか詳細待ち!!

 

とりあえず、預託料の基本を出したからあとは実際に募集価格と照らし合わせて、良心的なのか盛り過ぎてるのかを判断してみるとしましょうかね(^-^)